東京都による大学破壊を歴史に刻む
サイトマップ   昨日のトップテン
トップページ  >>  首大と当会  >>  首大豆知識  >>  12
「首大」の皮肉

首都大学東京の「首(くび)大」という愛称は,自然発生的に生まれたもので,命名者の意図を確認することはできない。しかし,当然の推測として, 「教員が簡単にクビになる大学」という意味が込められていると考えられる。 [ちなみに,巷では,首都大学東京の英語名称は Capital University of Tokyo (略称 CUT) になると予想されていたが,この予想ははずれた。]

ところが,「首大」の実態は,「教員がクビになる大学」ではなく,「愛想を尽かした教員に逃げられる大学」であることが明らかになった (教員流出 カテゴリ参照)。 一部の積極的就任者の中からさえ,首大設立後ほんの数年で転出者が相次いでいる。なんとも皮肉な結果である。

なお,呼称が実態に即していないという点を認識しつつも,「首大」という愛称が既に広く人口に膾炙している現実を踏まえ,当会では引き続き「首大非就任者の会」という名称を使っていく予定である。

都立大の風景
ページ閲覧数:5441
新着情報 サイトマップ 昨日のトップテン お問い合わせ
Copyright © 2004-2018 首大非就任者の会 All Rights Reserved.