東京都による大学破壊を歴史に刻む
サイトマップ   昨日のトップテン
トップページ  >>  教員流出  >>  都立大学教員流出情報 2003-2004年度
都立大学教員流出情報 2003-2004年度
首大非就任者の会
2004.10.25
 

このページでは、都立大学における教員流出状況を随時更新してお伝えする。具体的には、「25名だけが首大への就任拒否をしたわけではない」 の調査時点(7月)における 転出(予定)者数 (B2) にその後転出が決定した教員数を加え、下表の 転出(予定)者数 (B2) [およびその結果として 流出数 (R) と 流出率 (RR)] を更新する。

ここで注目する 転出(予定)者数 (B2) の増加は、すべて首大就任承諾者の中からの転出決定数であることに注意されたい。就任承諾書非提出者はすでに 非承諾者数 (D) として流出数に算入済みであるから、非提出者の転出が決定しても下表の数字は変化しない。

なお、ここでは「転出」という言葉を他大学への転出以外の退職 (抗議辞職等) も含む意味で使う。また「転出の決定」とは、都立大学の各学部教授会においてそれが正式に決定されることと定義する。実質的には転出予定であっても、割愛手続きを経ての転出ではなく退職の道を選んだ場合などのように、教授会審議の対象にはならないケースも考えられる。その場合には 転出(予定)者数 (B2) にはカウントされないので、表の流出率はその分だけ実態を過小評価していることになる。

前段落で述べた「転出」の定義により、通常下表の更新は毎月の教授会後ということになるだろう。流出状況に変化があった場合には、このページにコメントを追加することによって、読者にお知らせする。また、最も最近変化した 転出(予定)者数 (B2) は、赤色で表中に示すことにする。

下表は、「25名だけが首大への就任拒否をしたわけではない」 と同じ形式で、人文・法・経・理の4学部について現在の教員流出状況を整理したものである。表の詳しい見方については、「25名だけが首大への就任拒否をしたわけではない」 の第3節を参照していただきたい。

表をクリックすると拡大します。
table.png
この記事へのコメント

投稿者:chosa-han, 投稿日時: 2005-3-7 11:35,更新日時: 2005-3-7 11:38

3月4日,6日
経済学部において1名 (経営学・会計学講座) の転出 (平成17年9月1日付),人文学部において1名 (中文専攻) の退職が決定した。この結果,経済学部の「流出率」は 48.5% に,人文学部の「流出率」は 27.1% に増加する。


投稿者:chosa-han, 投稿日時: 2005-2-1 23:14, 更新日時: 2005-2-1 23:14

学科・専攻情報の追加
これまで学部名のみを記載していた新規流出報告 (10, 11, 12, 1月のコメント投稿) に,学科・専攻情報を追加した。


投稿者:chosa-han, 投稿日時: 2005-1-21 16:34,更新日時: 2005-2-1 23:08

1月20日
人文学部において2名 (英文専攻)、および理学研究科/理学部において2名 (数学専攻1名、化学専攻1名) の転出が新たに決定した。この結果、人文学部の「流出率」は26.4%に、理学研究科の「流出率」は14.3%に上昇することになる。


投稿者,chosa-han, 投稿日時: 2004-12-27 16:38, 更新日時: 2004-12-27 16:38

データ訂正
経済学部のデータにおいて,1名の教員が誤って「定年退職予定」に分類されていたことが判明したので,表のデータを訂正した。その結果,経済学部の流出率は (「首大移行可能教員数」が1増加することによって) 1.4%低下して45.5%になった。


投稿者:chosa-han, 投稿日時: 2004-12-17 16:29,更新日時:2005-2-1 23:05

12月16日
人文学部において2名 (国文専攻1名、英文専攻1名) の転出が決定し、人文学部の「流出数」は32名、「流出率」は24.8%になった。(ただし、2名のうち1名は来年度末の転出予定である。)

また,理学研究科において1名 (身体運動科学専攻) の退職が決定し,理学研究科の「流出率」は12.4%となった。


投稿者:chosa-han, 投稿日時: 2004-11-18 22:24, 更新日時:2005-2-1 23:06

11月18日
理学研究科/理学部において1名 (数学専攻) の転出が新たに決定し,理学研究科の「流出率」は11.4%となった。


投稿者:chosa-han, 投稿日時: 2004-10-27 7:16, 更新日時:2004-10-27 7:16

補足説明
理学研究科の転出予定者のうち1名は,首大の「研究の軽視」の姿勢 が明らかになったので、就任承諾書の提出を拒否したが,(転出が予想されたので)数日後に「非常勤としての就任承諾書」提出を要請さ れ,これを受け入れたとのことである。


投稿者:chosa-han, 投稿日時: 2004-10-25 1:02, 更新日時:2005-2-1 23:06

10月21日
法学部において1名 (政治学科)、理学研究科/理学部において2名 (数学専攻1名、化学専攻1名) の転出が新たに決定した。この結果、法学部の「流出率」は48.1%に、理学研究科の「流出率」は10.5%に上昇することになる。

都立大の風景
新着情報 サイトマップ 昨日のトップテン お問い合わせ
Copyright © 2004-2018 首大非就任者の会 All Rights Reserved.